【初心者でも出来る!】簡単なブレイクダンスの技9選!

ブレイキン
この記事はこんな人にオススメです!
  • ブレイクダンスの基本的な技を知りたい
  • ブレイクダンスをこれから始めたい

今回はブレイクダンス初心者に向けた
簡単な技9選をご紹介します。

ブレイクダンスをこれから始める方はもちろん、
始めたばかりの人も是非参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

初心者向けブレイクダンスの技9選

ブレイクダンスには一般的な流れ(フロー)というものがあります。

ブレイクダンスの一般的な流れ
  1. エントリー
  2. フロア
  3. フリーズ

この流れでブレイクダンスは構成されることが多いので、
このフローで技をご紹介させて頂きます。

1.エントリー

ブレイクダンスは床(フロア)で技をやっている
イメージが強いかと思いますが、
まずは、エントリーと呼ばれる「立ち踊り」から始まります。

後ほどご紹介するフロア・フリーズも、
もちろん大事ですが、
このエントリーの立ち踊りを疎かにして、
ブレイクダンスの上達はありません
ので、
しっかりと身につけましょう。

トップロック

【BREAKIN】 ISOPP ダンスレッスン ① トップロック

トップロックは広義の意味としては、
ブレイクダンスの立ち踊り全般のことを表すこともありますが、
一般的には、動画のようなステップのことを、
トップロックと呼んでいます。

肩幅に足を開いた状態から、
両手を広げながら、片足ずつ前に出すという、
動きとしては非常にシンプルですが、
それゆえにカッコよく見せるのが難しくもあります。

アドバイス
  • しっかりとリズムに乗ってステップを踏む
  • 動きに強弱をつける
    (個人的には、足を前に出す時に力を込めるイメージ)
  • 少し内股を意識する

ツイスト(インディアンステップ)

【BREAKIN】 ISOPP ダンスレッスン ③ インディアンロック

こちらも有名なステップで、
ツイストやインディアンステップと
呼ばれています。

ツイストという名前にある通り、
足と腰をツイストしながら、ステップを踏むのが特徴です。

アドバイス
  • 足・腰をツイストする時に動きのアクセントを持ってくる
  • 体の重心をやや低くする
  • 少し内股を意識する

アップロック

【BREAKIN】 ISOPP ダンスレッスン ② アップロック

アップロックは今でこそブレイクダンスの中の
1つのステップと言われることが多いですが、
元々は「ロッキング(Rocking)」・「ロックダンス(Rock dance)」
と呼ばれる1つのダンスでした。

かなり自由度の高いダンスなので、
ベーシックなステップを覚えて、
そこから自分なりの動きを入れていくと良いと思います。

有名どころとしては、相手を殴るなどの威嚇するような動きが
よく使われいるイメージがあります。

アドバイス
  • 動きの自由度が高いので、
    まずは上手い人の動きを真似て、
    動きのレパートリーを増やすのがオススメ

2.フロア(フットワーク)

フロアとは、その名の通り床(フロア)でやる技のことで、
一般的にフットワークのことを表します。

一言にフットワークと言っても、かなりの種類がありますが、
今回は代表的なフットワークを3種類紹介します。

6歩

【B-BOY】フットワーク(6歩) RISING Dance School Breakin' FOOTWORK w/ w-inds. 千葉涼平

フットワークの最も基本的な技が6歩になります。

その名の通り、両手を床に付いた状態で、
6つのステップを踏むことから、この名前が付いています。

数あるフットワークの基礎中の基礎となる技なので、
フットワークはまずこの6歩から身につけましょう!

アドバイス
  • 腰が下がらないように注意する
  • リズムに合わせてステップを踏む
    (2カウントで3歩ずつ踏むのが一般的)

3歩

【B-BOY】フットワーク(3歩) RISING Dance School FOOTWORK w/ w-inds. 千葉涼平

6歩と同様に、3つのステップで構成されていることから、
3歩と呼ばれるこの技も、代表的なフットワークの1つです。

足の開き方や置き方で、見え方が変わったりするので、
自分の気に入る形を探してみて下さい!

アドバイス
  • 基本的なポイントは6歩と同様

C.C(キックアウト)

【BREAKIN】 ISOPP ダンスレッスン ⑧ キックアウト

C.Cやキックアウトと呼ばれる技で、
フットワークで足が前にある状態から、
外側に足を蹴り出すフットワークです。

この技も、足の蹴り出し具合や角度等によって、
見え方が変わってくる技なので、
自分の気に入る見せ方を探してみて下さい。

アドバイス
  • 外に蹴り出す時の足は出来るだけ
    大きく蹴り出した方が奇麗に見えます!

3.フリーズ

フリーズはその名の通り、
ムーブの動きを止めるような技のことを表します。

多くの場合は、ムーブの最後に使われることが多いですが、
ムーブの途中に少し挟んでアクセントにすることも出来ます。

今回は代表的なものを3種類ご紹介します。

チェアー

【B-BOY】 チェアー RISING Dance School ライジングダンス CHAIR w/ w-inds. 千葉涼平

フリーズの最も王道と言われるのがチェアーです。

腕を体の横に刺して体を支える非常にシンプルなフリーズですが、
シンプルゆえに足の形やチェアーへの入り方1つで、
見え方やインパクトが全然変わってくるフリーズでもあります。

なので、自分なりの理想的なチェアーを見つけるまでは、
長い時間を要する技でもあるかもしれません。

アドバイス
  • 鍵足をキープする
  • チェアー単体で練習する際は、色んな足の形を試すと良い
  • 慣れてきたら、チェアーへの入り方からセットで練習すべし!
  • 自分のやりやすい手(軸手)と逆側でも出来ると良い

エアベイビー

エアベイビー講座 ポイントは"ヒジとヒザ"【スキル初心者向け】

エアベイビーもポピュラーなフリーズの1つです。

これもチェアーと同じくシンプルなフリーズなので、
入り方・使い方をよく研究して使うと良いと思います。

また、エアベイビーを片手で行う、
「ワンハンドエアベイビー」は
単体でも、かなりインパクトのあるフリーズになるので、
エアーベイビーに慣れてきたら練習すると良いと思います。

アドバイス
  • 慣れたらフットワークから一連の流れで練習すると良い
  • 違うフリーズと連動して使用することも多い
    (例:エアーベイビー→チェアー)
  • 左右両方練習しておくと動きの幅が広がる

ジョーダン

片手フリーズのやり方 練習方法 【ステップ・スキル講座】

倒立系のフリーズの代表がジョーダンです。

多くの人がブレイクダンス始めた時に
練習する技というイメージもあり、
そこまで難易度も高くないので初心者の方でもオススメです。

ただ、両足を伸ばした状態で体を折り曲げる
「ダブルジョーダン」はかなりエグいフリーズですね!

アドバイス
  • 倒立の状態から練習するのがやりやすくオススメ!

補足

ここまで基本的なブレイクダンスの流れ及び
代表的な技をご紹介させて頂きましたが、
最後にこれから練習する人に向けて補足させて何点か補足です。

単体の練習も大事だが、流れの練習はもっと大事!

技の紹介のアドバイスでも書きましたが、
ブレイクダンスの始めたばかりであれば、
まず技単体でしっかり身につけることが大切です。

しかし、実際にショーやバトルで、
ある1つの技のみで構成されることはないので、
ある程度ブレイクダンスの基礎が出来たら、
その後は、一連の流れで練習して下さい!

というのも、「技と技の繋ぎの部分」も、
ブレイクダンスをカッコよく見せるためには、
必要不可欠かつ意外と見落としがちな点のため、
普段からムーブを意識して練習することをオススメします!

ブレイクダンスの構成は自由!

「ブレイクダンスの流れはエントリー→フロア→フリーズ」
と先ほど言いましたが、正直この流れは絶対じゃないです。

エントリーが得意なら、フロアやフリーズなしでもいいし、
フロアが得意なら、フロアのみで構成してもいいです。

つまり、ブレイクダンスは本当に自由なので、
自分に合ったスタイルを是非見つけて下さい!

まとめ

今回は初心者の方向けにブレイクダンスの
比較的簡単な技を紹介しましたが、
これはブレイクダンスの技も本当に一部です。

しかし、多くの技がこの9つの技の発展形だったりするので、
ブレイクダンスを始めたばかりの方は、
まず、この9つの技をしっかりマスターしてもらえればと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました