【東京五輪】スケボー女子銅メダルのスカイ・ブラウン選手は実はスーパーガールだった

趣味・ライフスタイル
画像出典:https://www.instagram.com/skybrown/

東京オリンピックで新競技となった「スケートボード」

日本人の活躍もあり、大いにに盛り上がりを見せていますが、先日8月4日に開催されたスケートボード競技「女子パーク」にて、銅メダルを獲得したイギリス代表のスカイ・ブラウン選手(13)が、今話題となっています。

競技中は、失敗した選手に駆け寄り、ハグしたり、笑顔で激励するなど、ライバル選手をリスペクトし、楽しみながらプレーする姿が多くの人の胸を打ち、「メッチャ、ウレシイ。ヤバーイ!」と日本語で答えるキュートな姿を見せていましたが、実はブラウン選手はスケートボードだけにとどまらない世界が注目するスーパーガールなんです!

スポンサーリンク

宮崎生まれのスケボーガール

ブラウン選手はイギリス人の父親と日本人の母親の間に生まれ、両親の影響で幼いころから宮崎県でスケートボードやサーフィンで遊びながら過ごしたそうです。

今はプロとして世界各国を巡る生活ですが、籍は宮崎県に置いており、名前は漢字で「澄海」と書きます。

7歳でプロになったブラウン選手は、8歳の時にアメリカの大会「バンズUSオープン」に史上最年少で出場。

その後実力を伸ばし、数々の国際大会で上位につける注目選手に成長しました。

2020年の世界選手権では3位に輝き、先月行われたXスポーツの祭典「X Games」ではスケートボード・パーク部門で女子金メダルを獲得しました。

サーフィンでも大活躍

実はスケートボードだけでなくサーフィン競技でも世界トップレベルで活躍しているブラウン選手。

世界中から関心が寄せられ、今やInstagramのフォロワー数は98万人以上(8月4日現在)で、ナイキがスポンサーとなっている最年少のアスリートなんです。

3年後のパリ五輪ではスケートボードだけでなく、サーフィンでの出場も狙っているということで、サーフィンでの今後の活躍も期待ですね。

ダンスや歌の才能もあり

さらにブラウン選手は、ダンスや歌といったジャンルでも才能を発揮しています!

様々な分野のセレブがプロダンサーとペアになりダンスパフォーマンスを競うアメリカの番組「Dancing with the Stars」のジュニアバージョン「Dancing with the Stars:Juniors」に、2018年に出演し、プロのダンサー顔負けのダンスステージの数々で、なんと番組初代優勝者に輝いているんです!

またブラウン選手、なんと歌手デビューもしておりYouTubeでは自身の楽曲「GIRL」のミュージックビデオも公開しており、再生回数は360万回以上(8月4日現在)と歌手としても注目されています。

まとめ

今回パーク銅メダルのスカイ・ブラウン選手についてご紹介させて頂きました。

そんなブラウン選手ですが、昨年6月に練習中に頭蓋骨と手首を骨折するという大怪我を経験されたそうで、そこから見事復活をして東京オリンピックで銅メダルは本当に素晴らしいですよね!

恐らくその実力と人気の裏側には、大変な努力もされていることだと思います。

そんな日本ゆかりのスーパーガール・ブラウン選手の今後の活躍に期待ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました