【2021最新版】歌ってみた・踊ってみた動画でバズる曲トップ5

ダンス

先日5月7日のミュージックステーション(https://www.tv-asahi.co.jp/music/)を元に、

「歌ってみた・踊ってみた動画でバズる曲トップ5」

をご紹介させて頂きます!

スポンサーリンク

歌ってみた・踊ってみた動画でバズる曲トップ5

第5位 syudou『キュートなカノジョ』

2020年、歌い手のAdoのデビュー曲として楽曲提供した『うっせぇわ』が大きな話題を呼び、オリジナル曲の人気も好調のボカロP・syudou(シュドウ)。

2021年2月20日にはバーチャルYouTuber「花譜」をモデルにした音楽的同位体・可不を用いた新曲『キュートなカノジョ』をリリースし、さらなる注目を集めています。

https://utaten.com/specialArticle/index/6048

第4位 NiziU『Take a picture』

9人組ガールズグループ「NiziU」の2枚目のシングル曲として発売された『Take a picture』。

爽快で明るいアップテンポのナンバーに加え、シャッター音に合わせた振付や、歌詞の中の数字を表現した「ナンバーダンス」が非常に特徴的です!

第3位 BTS『Dynamite』

ミュージックビデオが驚異の10億回再生(2021年5月現在)のBTS『Dynamite』。

明るくて軽快な雰囲気のディスコポップジャンルの曲調とダンスで、その人気・勢いはとどまることを知らず、多くの芸能人やYouTuberが踊ってみた動画を投稿しています!

第2位 Chinozo『グッバイ宣言』

サウンドプロデューサーとして活躍するChinozoが2020年4月にリリースした「グッバイ宣言」MVのYouTube視聴数が、自身初の1000万回を突破した。

「グッバイ宣言」は、2020年11月にリリースしたChinozo初のフルアルバム『The Deluge』に収録されている楽曲で、疾走感溢れるロックサウンドに「引きこもり、狂い咲け」というメッセージが込められた歌詞が掛け合わせられ、その中毒性を生み出している。

https://ototoy.jp/news/100365

第1位 Kanaria『KING』

2020年8月2日に公開された『KING』はKanariaの2作目の楽曲。

作詞作曲を手がけたボカロPのKanariaは、処女作である『百鬼祭』で自身初の殿堂入りを果たすなど異才を放ち、今大注目されています。

そんなKanariaが作り出した『KING』は、意味深な歌詞やMV動画から「王が処刑される歌」「フランス革命をテーマにしている」など様々な考察が飛び交っています。

https://utaten.com/specialArticle/index/5798

コメント

タイトルとURLをコピーしました