意識するだけで人生が変わる!ポカンとした口元を治す方法

子育て・育児
この記事はこんな人にオススメです!
  • 無意識に口が開いたままになっていることが多い
  • 口呼吸が癖になっている人
  • 口元のたるみが気になる人

みなさんは自分が無意識に口がポカンと開いてしまっているな
と思ったことはありませんか?

これを私は「ポカン口(ぽかんぐち)」と呼んでいるのですが、
私も5年くらい前まで全く意識してませんでした。

しかし、

あれ?最近無意識に口が開いていないか?
それに口元たるんできている?

そう感じた矢先、このポカン口のことを聞いて、
「あ~完全にこれが原因かも・・・」と私は思いました。

本記事では、そんな皆さんが無意識にやってしまってるかもしれない
「ポカン口」についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ポカン口とは?

「ポカン口」とは、先ほども書いた通り、
「口をポカンと開けて、口呼吸になっている状態」で、
正式名称は「口唇閉鎖不全症」と言います。

このポカン口になる原因は色々ありますが、
生活習慣による「舌の筋力の低下」が主な原因と言われています。

しかも、私が以前病院の先生に聞いた話ですが、
昔に比べて食べ物が発達したおかげで、
噛んで食べる習慣がどんどんなくなっているので、

多くの子供や若者がこのポカン口の予備軍に
なってしまっているとのことです。

ですので、「自分は大丈夫!」と
思う方もいるかもしれませんが、

誰もがなりえる可能性がありますし、
無意識になっている可能性もあるので、
是非この後のデメリットや改善策を読んでみて下さい!
 

※ポカン口の確認チェックリストを作ってみたので要確認です!

ポカン口の確認チェックリスト
  • 口が乾きやすい
  • 鼻づまりをしている
  • いびきをかく
  • 口臭が強い
  • 起床時にのどが痛い
  • 食べる時に音をたてる
  • 歯並びが悪い
  • 顔が昔に比べて面長になった

ポカン口のデメリット

では、ポカン口のデメリットをご紹介します。

ポカン口のデメリット
  1. 虫歯・歯周病になりやすい
  2. 口臭が強くなる
  3. 風邪・ウイルス感染のリスクが高まる
  4. 顔がゆがむ
  5. その他

1.虫歯・歯周病になりやすい

口が空いた状態だと、口が乾燥して、
唾液の分泌が減ることにより、
口内の細菌の繁殖したり、
口内の汚れが落ちなくなるため、
虫歯・歯周病になるリスクが高まります。

2.口臭が強くなる

上記と同じく、唾液の分泌量が減り、
細菌が繁殖することにより、
それが口臭が強くなる原因にも
繋がってしまいます。

3.風邪・ウイルス感染のリスクが高まる

本来鼻は、空気中のバイ菌やウイルスを取り除く
フィルター的な役割を持っていますので、
鼻呼吸は、そういった感染を防いでくれます。

しかし、口にはそういった機能がないため、
鼻呼吸ではなく口呼吸が癖になってしまうと、
風邪やウイルスにかかりやすくなってしまいます。

4.顔がゆがむ

舌の筋力低下により、舌の位置が通常からズレてしまい、
歯を押して歯並びが悪くなったりもします。

その噛み合わせの悪化や、口呼吸により、
顎の形が変形し、顔がゆがんだりする恐れもあります。

また、口呼吸が原因でなりえる顔の特徴で、
「アデノイド顔貌」というものがありますので、
これもチェックしてみて下さい。

5.その他

1~4の症状の他にも、そこから発展などして、
様々な症状を引き起こす可能性もあります。

例えば、

  • 睡眠時無呼吸症候群
  • アレルギー性鼻炎
  • 高血圧
  • 集中力の低下 etc

といった症状です。

これらからポカン口がいかに恐ろしいかが
分かって頂けると思います。

ポカン口のお手軽改善策

それでは、そんな恐ろしいポカン口に対して、
私が実践した改善策をご紹介したいと思います。

1.舌のトレーニング

まずは、舌の筋力の低下を改善するためのトレーニングを取り入れました。
それが、「あいうべ体操」というものです。

これはみらいクリニックの今井先生が考案された体操で、
ポカン口や口呼吸の改善に有効とされており私も実践しました。

やり方は非常に簡単で以下の通りです。

1.「あー」と口を大きく開く
2.「いー」と口を大きく横に広げる
3.「うー」と口を強く前に突き出す
4.「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす

この1~4の動作を1日30セットほど繰り返す。
※声を出す必要はありません。

2.口元にテープをして寝る

次に、寝る時に口が開いてしまって、
朝喉が痛くなったり、口臭があるなと感じることがあったので、
寝るときに口呼吸にならないよう、
口元にテープをして寝るということを実践しました。

テープは薬局などに売っている
一般的なサージカルテープを使用しましたが、
朝まで剥がれることもなく、朝の喉の乾燥なども軽減され、
非常に効果的でした。

MEMO

私の場合、最近は慣れて鼻の調子も良いので、
口の真ん中と両端の計3か所にテープをして、
鼻呼吸を徹底していますが、

最初は息苦しかったりもするかもしれないので、
1か所だけだったり、弱めに留めてみるなど、
徐々に慣らしていくことをオススメします。


ちなみに私は試したことありませんが、
市販でも「鼻呼吸テープ」なるものがありますので、
気になる方は参考までにリンクを貼っておきます。
↓↓

3.常に意識する

あとは当たり前ですが、
常に意識をすることも非常に重要です。

私は自分がポカン口になっているのでは?と思ってから、
以下のことを出来る限り意識しています。

  • 口を閉じること
  • 鼻呼吸をすること
  • 食べ物をよく噛むこと

本当子供みたいな項目ではありますが、
無意識に出来ていない人が多くなっているというのが、
現実なので、意識することも忘れないで下さい。

ちなみに、これを読んでる今の瞬間は皆さん出来てますか?

4.それでも治らない場合

1~3を実践しても治らない場合は、
すでに何かしらの症状が進行して、
自分の手や意識だけでは改善しないこともあります。

その場合は、一度病院に行かれることをオススメします。
口や顎の形状的な問題であれば歯医者で、
鼻づまりなどが酷い場合は耳鼻科を受診しましょう。

私自身も昔アレルギー性鼻炎持ちで、
どうにも鼻呼吸が出来ませんでしたが、
定期的な通院と、上記の改善策に取り組むことで、
今では鼻炎の症状も全く出なくなりました。

まとめ

今回は「ポカン口」というテーマで書かせて頂きましたが、
これの恐ろしい所は、やはり

「知らないうちにやってしまっている可能性がある」

という点だと思います。

しかも成長期を過ぎてしまった後では、
顔の骨格などは治らなかったりと、
症状によっては気づいた時には、
手遅れになっているものもあるかもしれません。

もっと早く知っておけばな~...

20代前半で知った自分は、
そんなことを考える時もあります。

しかし、
「あの時知らなかったらもっと酷くなっていたのでは?」
と思うのも事実ですので、

これを読まれた方は今からでも遅くありません!

自分はもちろん、家族・友人・特に子供や若い人には、
是非この記事を読んで、ポカン口の予防・改善に、
取り組んでもらえたら嬉しい限りです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました