鬼滅の刃より絶対面白い!!完結しているおすすめバトル漫画5選

趣味・ライフスタイル

みなさん、こんにちは!

実は私漫画が大好きで、
年間で数百冊レベルで読んでいますが、
最近話題の「鬼滅の刃」を読んだ際に、
これより絶対おもしろい漫画を紹介出来る自信がありました。

ということで、本記事では、
私が思う「鬼滅の刃」より絶対面白い
「完結しているおすすめバトル漫画5選」
をご紹介したいと思います!


※私の「鬼滅の刃」についての感想をまとめた記事は、
 下記になりますので、是非ご覧下さい!

スポンサーリンク

完結しているおすすめバトル漫画5選

金色のガッシュ!!

魔界の王を決めるため、100名の魔物の子供達が人間とコンビを組み、最後の1組になるまで戦う。ファンタジー系バトル漫画。 天才ゆえに妬まれ、友達のいなかった清麿と、素っ裸で清麿の部屋の窓を割って入ってきたガッシュ。二人が出会い、過酷な戦い、運命の中で共に助け合い、成長してゆく物語。

引用:ebookjapan

少年向けの漫画かな?と思っていたらとんでもなかったです。

主人公の清麿とガッシュの揺るぎない絆や、

他の仲間や魔物たちとの出会いと別れに、

最後は私も思わず泣いてしまいました。


小細工一切なし!笑いあり・涙ありの、

大人から子供まで楽しめるファンタジーバトル漫画です。

寄生獣

ごく普通の高校生・新一は、ある晩部屋で、ヘビのような生物を発見する。叩き潰そうとしたその生物は、新一の右手に侵入してきた。その生物の正体は、他の動物の頭に寄生して神経を支配する寄生生物だった…!寄生に失敗し、新一の右手に寄生したミギーと新一の奇妙な生活が始まる。やがて二人は、お互いの命を守るため、人間を食べる他の寄生生物と戦い始める…。全人類必読!未来への警鐘の書が登場!!

引用:ebookjapan

この作品の最大の魅力は、

ずばり「メッセージ性」にあると思います。

主人公そして、彼の右手に寄生したパラサイト「ミギー」、

またその他のパラサイトたちの考え方や言葉には、

本当に考えさせられるような内容が盛り沢山です。


正直グロい描写もありますし、

古い作品なので、絵の好き嫌いは分かれるかもしれませんが、

1988年に連載をスタートしたにも関わらず、

2014年にアニメ化・映画化されるなど、

長い年月をかけて多くの人を魅了し続けてきた名作中の名作です。

東京喰種トーキョーグール

“東京”には、或るひとつの「絶望」が潜む…。群衆に紛れ、人間を狩り、その死肉を喰す怪人、人はそれを「喰種(グール)」と呼ぶ。青年が怪人に邂逅したとき、数奇な運命が廻り始める──!

引用:ebookjapan

人肉を食べることで生きる「喰種(グール)」を

テーマにしたダークファンタジー作品で、

人を食べる存在がいるという点で、

鬼滅の刃に通ずる設定ではありますが、内容の濃さが段違いです。

人間と喰種の対比構造や、その中にある様々ヒューマンドラマ、

そして、その間で揺れる主人公の葛藤が見事な描かれ方をしています。

唯一の難点は少しグロテスクな表現もありますので、

そういったのが苦手な方は難しいかもしれませんが、

続編の「東京喰種トーキョーグール:Re」と合わせて、

是非読んで頂きたい作品の1つです。

うしおととら

蔵の中に、500年も閉じこめられていた妖怪。ヤツはその昔、人を食い、悪業の限りを尽くしていた。ひょんなことからヤツを解き放ったのが、蒼月潮(あおつきうしお)。うしおはヤツにとらと名づけた……。うしおととらの伝説が、いま、幕を開ける!

引用:ebookjapan

主人公のうしおを食べ物としか思っていない

大妖怪とらが2人で旅をしていく中で、

かけがえのない相棒になっていく様子が最高です。

また、すべての物語が最終話に繋がっていく

壮大なストーリー展開は涙なしには見られないと思います。

1990年連載スタートの少し古い漫画ではありますが、

不朽の超名作バトル漫画です。

鋼の錬金術師

兄・エドワード・エルリック、弟・アルフォンス。2人の若き天才錬金術師は、幼いころ、病気で失った母を甦らせるため禁断の人体錬成を試みる。しかしその代償はあまりにも高すぎた…。錬成は失敗、エドワードはみずからの左足と、ただ一人の肉親・アルフォンスを失ってしまう。かけがえのない弟をこの世に呼び戻すため、エドワードは自身の右腕を代価とすることで、弟の魂を錬成し、鎧に定着させることに成功。そして兄弟は、すべてを取り戻すための長い旅に出る…。

引用:ebookjapan

兄弟の物語である点や、弟を取り戻すために旅に出る点、

また、作者が女性である点など、

鬼滅の刃に似ている部分はあるものの、

ストーリーの完成度の高さが異常でした。

錬金術を使ったバトルシーンも見どころですが、

兄弟が抱えていること、それを支える人たちのこと、

相対する者たちの心理も全てが本当に丁寧に描かれています。

映像化もされていますが、絶対に漫画も読んで欲しい本当の名作です。

おもしろいバトル漫画の共通点

今回のランキングから、私の好きなバトル漫画には、
下記のような共通点がありました。

主人公が相棒や仲間と共にぶつかり合いながらも成長していく姿

バトル漫画に欠かせないものは、
やはりまずは「仲間」の存在です。

主人公の弱さ・未熟さを、周りの仲間が補い合い、
時にぶつかりながらも成長していく姿は、
バトル漫画の王道ではないでしょうか。

特に相棒のような存在がいれば最高です!

味方だけでなく敵にも感情移入をしてしまうような設定

バトル漫画である以上、
主人公と相対する「敵」がいるはずです。

しかし、主人公側が完璧な正義で、
敵側が一方的な悪という物語ではおもしろくありません。

最初は主人公側に焦点が合ってたものが、
物語が進むにつれて、敵側にもスポットライトが当たり、

「一体どっちが正しいの!?」

となるようなストーリーが個人的にはおもしろく感じます。

つまり、「魅力的で感情移入してしまうような敵キャラ」の存在が、
おもしろいバトル漫画の条件と言えます。

途中の伏線をしっかり回収しつつ納得感のあるストーリー

物語の所々で散りばめられた「伏線」の存在は、
バトル漫画に限らず、おもしろい漫画の必要条件だと思います。

その伏線の巧妙さと、見事な回収劇が演出出来れば、
読者は最後までハラハラしたスリルを味わいながら、
最後には決してハッピーエンドではなかったとしても、
大きな満足感と納得感を得られるはずです。

なので、伏線を活用したストーリー展開は、
おもしろいバトル漫画の共通点だと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回初めて漫画についての記事を書きましたが、
初めてだからこそ、自信のある5作品をチョイスしました!

有名どころでもあるので、すでに読んだ方も多くいるとは思いますが、
まだの方は是非一度読んでもらえたら嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました